2018年12月ついに、タクシーも0円で乗れる時代になりました。

この大胆な企画 次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」を行うのは、大手インターネット企業のDeNA(ディー・エヌ・エー)。

とってもうれしいニュースなのですが…、0円タクシーに乗れる人は…、ツイている人、そう運のいい人だけ。

なぜ? それは、倍率が高いから。

自分はくじ運がない、ツイているともいえないな。と、ちょっぴり諦めかけたそこのあなた、倍率が高いからと諦めないでくださいね。なぜなら、0円タクシーに乗れる確率は皆同じですから。

そこで今回は、誰にでもチャンスのある!0円タクシーを利用するための情報についてお届けしていきます。

期間限定のプレゼント情報もあるのでお見逃しなく!






「MOV(モブ)」始動!

次世代タクシー配車アプリ「MOV」、DeNAは、この「MOV」を広げるための企画として「PROJECT MOV」を立ち上げました。

「PROJECT MOV」は、利用シーンや個別のニーズに応じた新しい移動体験を実現するための取り組みで、その第一弾として、乗客の利用料金を無料にする「0円タクシー」を2018年12月5日に始動。

ついに、「0円タクシー」の幕開けです!

なぜ0円でタクシーに乗れるの?

DeNAが実施する0円タクシー、なぜ利用者はタダで乗れるのでしょうか。

それは、タクシーの収入源が企業広告によってまかなわれるから。

要するに、契約スポンサーと「MOV」の広告宣伝費によって乗客が支払う利用料金が無料になるというわけです。

DeNA0円タクシー【出典:DeNA】

今回発表された0円タクシーには、初回スポンサーである日清食品のどん兵衛のラッピングが車内や車のボディといたるところに施されています。

DeNA0円タクシー【出典:DeNA】

どん兵衛をあしらったタクシーの走行台数は50台。見かけたらラッキーかも!

0円タクシー by 日清のどん兵衛」の概要と利用方法+プレゼント情報

概要 期間中、対象エリア内で「MOV」アプリからタクシー会社選択画面で「0円タクシー by 日清のどん兵衛(通称:どん兵衛タクシー)」を選択して配車をすると、専用タクシーが迎えにきてくれます。利用料金は無料(0円)+12月26日(水)~31日(月)の限定で、乗車の方に「日清のどん兵衛 天ぷらそば」をプレゼント。
※プレゼントは先着順で、数に限りがあります。
対象期間 2018年12月5日(水)13:00~12月31日(月)22:00
各日7:00~22:00
走行台数 50台
配車可能エリア 渋谷区、新宿区、港区、中央区、千代田区付近
走行可能エリア 東京23区全域
配車方法 ・期間中、対象エリア内で「MOV」アプリの「タクシー会社」をタップし、「0円タクシー by 日清のどん兵衛」が乗車可能範囲内であることを確認し、指定して配車を依頼。
※「タクシー会社」指定機能を使わない場合でも“ツキ”があれば近くの「0円タクシー by 日清のどん兵衛」が配車される場合があります。
乗車特典 ・目的地までの利用料金(迎車料金+運賃+有料道路通⾏料)無料
・12月26日(水)~31日(月)限定で、「日清のどん兵衛 天ぷらそば」をプレゼント
※プレゼントは、ひとり1個
日清のどん兵衛 天ぷらそば
適用条件および注意事項 ・利用料金無料は、目的地が東京23区の場合に限り、それ以外の場所に行く際は迎車料金を含め全額を通常通り支払う必要があります。また、経由地指定や、途中での待機は受けられません。
・アプリ経由以外での「0円タクシー by 日清のどん兵衛」は乗車できません。
キャンペーンの対象は、各日7:00~22:00までに配車依頼が完了した場合のみ。

【+αなプレゼント情報】
キャンペーン期間中は、10,000円分の乗車クーポンや、Amazonギフト券1,000円分のプレゼントが。さらに、タクシー料金最大1,500円OFFクーポンのプレゼントも。

詳しくMOV公式サイト

DeNAってどんな会社?

「モバゲー」と聞けば多くの人が知ってることでしょう。

そう、この「モバゲー」を配信しているのがDeNAという会社なんです。

DeNAは、モバイルゲーム開発・配信を主に行っている会社で、プロ野球ファンなら誰もが知っている横浜DeNAベイスターズを保有する大手インターネット関連の企業です。

0円タクシーは東京だけ?

0円タクシーが走行しているのは、現在のところ東京23区・武蔵野市・三鷹市のみです。

DeNA0円タクシー

「MOV」今後の予定は?

「MOV」の今後については下記をご覧下さい。

2019年2月からは、タクシー車内の乗客向け後部座席タブレットを設置し、3月までに15,000台の搭載を目指します。将来的には「MOV」で配車をしたお客様だけでなく、導入車両に乗車する全てのお客様がスムーズな決済ができるようなQRコード決済機能や、最適なコンテンツ配信をおこなうための性別・年代推定機能、提供コンテンツ拡充などを実施予定です。
さらに今後、AIを活用してタクシーの需給予測をしながら経路をナビゲーションするシステム「AI探客ナビ(仮称)」を導入予定です。運⾏中のタクシー⾞両から収集するプローブデータ(⾃動⾞が⾛⾏した位置や⾞速などの情報を⽤いて⽣成された道路交通情報)とタクシー需要に関連する各種データ(気象、公共交通機関の運⾏状況、イベント、商業施設などのPOI 情報、道路ネットワーク構造など)を解析し、乗務員をリアルタイムかつ個別にお客様が待つ通りまで誘導します。タクシーの運転手は目的地入力をすることなく、この「AI探客ナビ(仮称)」に従って走行することで、効率的に乗客を探すことができます。また、乗客はよりスピーディにタクシーを捕まえることができます。
【引用:DeNA】

まとめ

記者会見でDeNAの方が『台数が少ないため「0円タクシー」に乗車できるのはツイている人』、という発言をしていました。

配車台数50台、プラス、期間限定ということもあり、人口が多い&観光客が多い東京都だと、「0円タクシー」に乗車できる確率は極めて低そうですね。

とはいえ、確率は0(ゼロ)ではありません。

興味のある方はぜひ、アプリをダウンロードしてチャレンジしてみてください。

アプリをダウンロードしたい方はMOV公式サイトへ