花粉症は今や国民病になりつつあると言われるほど年々増加傾向に。

今回はつらい花粉症に悩む方にとって朗報?かもしれない、幻の果実「じゃばら」を探ってみました。

つらい鼻のムズムズや鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみの症状を緩和する力を持つと言われている「じゃばら」の能力と働きをたっぷり紹介します。

後半では、じゃばら商品を購入する際に気をつけておきたいことの情報もお届けします。

幻の果実「じゃばら」とは

じゃばらは、ミカン属の一種で、ゆずや温州みかんなどの自然交配によってうまれた酸味の強い柑橘類です。

じゃばら果実

5月頃に開花し実をつけ、11月下旬から2月上旬頃が収穫時期。

原産地は和歌山県東牟婁郡北山村

和歌山県の北山村に自生し、もともとは村民の敷地に1本だけしか存在しておらず、しかも、種がほとんどないので、接ぎ木で1本ずつ増やす栽培が行われてきました。

現在では、和歌山県をはじめ三重県、愛媛県、静岡県、高知県でも栽培され生産されています。

じゃばらの名前は「邪」を「祓う」ことから名付けられたと言われています。

じゃばらと花粉症の関係

花粉症は、体内に入り込んだ花粉などの抗原によってヒスタミンやロイコトリエンといった化学伝達物質が放出されることで、くしゃみや鼻水、涙目が発症します。

注目を集めるじゃばらには、これら花粉症の症状を緩和する働きがあるらしいのですが…。

その能力はいかに?!

じゃばらの何が花粉症にいいの?

じゃばらにはフラボノイドの一種である「ナリルチン」が豊富に含まれています。

この「ナリルチン」、花粉症などのアレルギー反応の際に放出されるヒスタミンを抑制する働きが持つことがわかり注目を集めているんです。

ユズやカボス・グレープフルーツ・ミカンなどの柑橘類全般に含まれている「ナリルチン」ですが、大阪薬科大学の調べによると、じゃばらにはどの柑橘類よりもはるかに多く含まれていることがわかっています。

じゃばらのナリルチン含有量

じゃばらのココがスゴい!

柑橘類の果実や果皮は、「陳皮」「橙皮」「枳実」「枳穀」などの生薬として、多くの漢方に処方・配合されてきました。

中でもじゃばらは、フラボノイド成分の一種であるナリルチンが他の柑橘類に比べ高濃度に、しかもほぼ単一成分として含まれているんです。

フラボノイド成分の一種であるナリルチンは、Ⅰ型アレルギーとよばれている花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性気管支喘息、金属アレルギーなどを抑制することが研究で明らかに。

さらに、じゃばらはスギ・ヒノキの花粉症だけでなく稲穂、ブタ草、ハウスダスト、ダニ、 アトピー性皮膚炎、アレルギー性気管支喘息等の Ⅰ型アレルギーの症状全てに期待されています。

【マメ知識】
アレルギーにはⅠ型・Ⅱ型・Ⅲ型・Ⅳ型と4つの種類があり、Ⅰ型アレルギーの代表的ものは以下があります。

●アレルギー性気管支喘息
●アレルギー性鼻炎(花粉症含む)
スギ・ヒノキ・稲穂・ブタ草・ハウスダスト・ダニなど
●アトピー性皮膚炎

とくに果皮に多いナリルチン

じゃばらに含まれるフラボノイド成分の「ナリルチン」は、果汁より果皮に13倍も多く含まれています。

花粉症等のアレルギーの症状の緩和を期待するなら、じゃばらの果皮にも注目して加工食品を選ぶとよいかもしれませんね。

ナリルチンの花粉症抑制の働き

体内に侵入した花粉などの抗原によって、ヒスタミンやロイコトリエンなどの伝達物質が放出され、くしゃみ・鼻水・涙目などの症状を発症します。

これを脱顆粒現象と言います。

じゃばらに含まれるフラボノイド成分「ナリルチン」には、この脱顆粒現象を抑制していることが解ってきました。

約70%が花粉症緩和?!

大阪薬科大学生薬科学研究室と共同で研究開発に勤めている(株)ジャバララボラトリーのモニター試験では以下の結果がでています。

【試験内容】
花粉症に悩む男女143人に、じゃばら果皮粉末360mgを含むカプセルを15日間飲用。

じゃばらのモニター試験結果【結果】
改善された:18%
やや改善された:49%
変わらない:24%
悪化した:1%
無回答:8%

70%近い人たちが花粉症の改善を実感していることが確認されました。この調査では「症状が変わらない」、「無回答」とされた人の中には、花粉症の薬を服用しており、じゃばら本来の効果がわからないと答えている人も多く見られ、実際の改善率はもう少し高いと推測されます。

【引用:(株)ジャバララボラトリー】

花粉症6大症状のすべてが緩和?!

つぎは、岐阜大学医学部付属病院でおこなわれたじゃばらの臨床結果を紹介します。

【試験内容】
花粉症を発症中の15人の男女にじゃばら果汁5mlを朝夕2回連続して少なくとも2週間以上4週間にわたり毎日飲んでもらい、試験前後の症状の変化を評価。

*評価は財団法人日本アレルギー協会の花粉症を含むアレルギー性鼻炎に対する「鼻アレルギー質問表」を用いた5段階評価を用いています。

じゃばらの花粉症6代症状の試験結果

【結果】
花粉症の6大症状である水っぱな・くしゃみ・鼻づまり・鼻のかゆみ・目のかゆみ・涙目の全てにおいて緩和。

岐阜大学医学部湊口先生ほか5名の研究者によっておこなわれたこの研究は、科学評論社発行の医学専門誌「臨床免疫・アレルギー科」Vol.50  No.3  Sept.2008 にて報告されています。

【参考元】
株式会社ラメール
日本薬科大学
岐阜大学医学部付属病院
日本食品機能研究会
日本じゃばら普及協会

ハウスダストやPM2.5にも発揮?

日本じゃばら普及協会の報告では、ハウスダストやPM2.5などの物質による症状緩和に役立つことが期待されているようです。

Ⅰ型アレルギー全般に効果を発揮するじゃばら

住居内で発生するダニやカビなどのハウスダストも、アレルギー症状や気管支喘息を引き起こします。特に日本の住環境は、ハウスダストを発生しやすい環境です。2008年の調査では、ハウスダストを主な原因とする通年性アレルギー鼻炎患者は、国民の23%にもなります。じゃばらはⅠ型(即時型)アレルギー全般に効果を発揮するので、ハウスダストによる症状の緩和にも効果的です。又、抗原以外にも、PM2.5等のアレルギー悪化の原因物質も知られており、じゃばらは、このような物質による症状の緩和にも役立つことが期待されています。

【引用:日本じゃばら普及協会】





花粉症は春だけじゃない

花粉の飛散する時期は地域によって多少の違いはあるものの、1年中飛んでいます。

☆1月〜5月:スギ
☆2月〜5月:ハンノキ
☆2月〜6月:ヒノキ
☆4月〜6月:シラカンバ
☆4月〜10月:イネ
☆8月〜10月:ヨモギ
☆8月〜12月:ブタクサ

じゃばらの用途

和歌山県北山村では昔から正月料理のさんま寿司、昆布巻き、海苔巻きの料理に、搾り汁が酢の代わりとして利用されてきました。

柚子に比べとっても酸味の強いじゃばらですが、今では、加工品としてさまざまに利用されています。

加工製品の主力は飲料やサイダー、100%果汁、ジャバラワインなどのドリンク系。

他には、ポン酢ジャムマーマレード、ゼリー、果汁パウダーなどその数はじつに30種類にもおよんでいるようです。

じゃばら製品で気をつけること

どのじゃばら製品を選んでも大丈夫?

どの食品でもそうですが、やはり安全に配慮したものを選びたいですよね。

そこで、信頼できるじゃばらを選ぶための情報を集めてみました。

🔴特許を得たじゃばら製品

 柑橘の果皮には酸化されると、アレルギーを誘発する成分が含まれています。その誘発率は、およそ20人に1人の割合との報告※もあります。じゃばらも柑橘の一種ですから、果皮にはアレルギーを誘発しうる成分も含まれています。

この問題を解決することを目指し、和歌山市の研究開発会社「ジャバラ・ラボラトリー」は、大阪薬科大学との共同研究を行い、アレルギー誘発成分を除去する方法を開発しました。この技術は「抗アレルギー用組成物」として特許を取得しています。

発明の名称
抗アレルギー用組成物
特許第5323127号
平成25年7月26日登録

じゃばら果皮はナリルチンを多く含むため、適切な加工をすれば効果を発揮しますが、アレルギー誘発成分の除去を考えていない製品には注意が必要です。

【引用:株式会社ラメール】

🔴公認マークのあるじゃばら製品

厳しい基準をクリアした製品だけに「日本じゃばら普及協会公認マーク」が与えられます。

「日本じゃばら普及協会公認マーク」の付いた製品であればリモネンが除去されており、ナリルチンのアレルギー抑制力が発揮される製品であるということです。

公認されるには以下の要件を満たす必要があります。

1.資格

①和歌山県北山村産のじゃばらを対象とする。
②果皮はじゃばらに含まれるナリルチンがアレルギーに対して効果があることを証明されたものを使用する。 

2. 公認手続き

①申請者は、日本じゃばら普及協会に別紙の申請書と商品見本を提出する。
②理事会にて公認の可否を検討し、条件が満たされたと理事会が判断する場合は、公認マークの使用を認める。

3. 公認マークのロゴ

公認マークは次の通りとする。
【引用:日本じゃばら普及協会】

おすすめのじゃばら商品

ラメールのじゃばら商品

ラメールのじゃばら製品の特徴はコレ!

◾️和歌山県北山村産を使用
◾️特許取得原料を使用 特許第5323127号【抗アレルギー組成物】
◾️有効成分ナリルチンが果汁の13倍含まれている果皮を使用
◾️大阪薬科大学と連携し研究
◾️日本じゃばら普及協会会員

 
 
 

こちらの通販で購入できます。
↪️Amazon
↪️楽天市場
↪️Yahoo!

公認マーク取得したじゃばら商品

花粉症の薬というと、どうしても眠くなってしまい、勉強や仕事に集中できない、運転が怖いなどといった問題があり、花粉症は辛いが薬は飲みたくないという人も多いと思います。

じゃばら商品を買うときにはリモネンを除去してある「日本じゃばら普及協会公認マーク」が付いているものを買いましょう。

公認マーク取得商品
↪️『北山村産のじゃばらジュース
☝️おすすめ(粉末タイプだからジュースはもちろん、ヨーグルトや料理にも使用できます。)
↪️『北山村産のじゃばらサプリ。
↪️『北山村産の子どもじゃばらはコチラから