新しい機種が発表されるたびに世界中で話題となる iPhone。

多くのメディアが注目するなか、ついにアップルが新製品の発表会を(日本時間午前2時)行いました。

これまでで最も進化したiPhone」と語ったアップルCEOティム・クック氏の発表で、

  • iPhone史上最大のディスプレー
  • データ容量の増加
  • 音声のステレオ収録
  • ゲームの同時プレイ

へと進化したことがわかりました。

そこで今回は、2018年9月13日(日本時間)に発表された新型iPhoneの進化をわかりやすく紹介していきます。

【関連記事】
🔍新型iPhone2018 気になる新機能をまとめました。

新型モデルは全部で3種類

発表された新型 iPhoneは全部で3機種。

「Xs(テンエス)」「Xs Max(テンエスマックス)」「XR(テンアール)

3つの機種とも去年発売された iPhone X を搭載したデザインです。

「XR」に限っては、機能を少しおさえた仕様になっているものの、カラーバリエーションはカラフルな6種類で登場。

予約開始日時と販売日

iPhoneXs、Xs Max
予約開始日時:2018年9月14日(金)午後4時1分〜
販売日:2018年9月21日(金)

iPhone XR
予約開始日:2018年10月19日(金)午後4時1分〜
販売日:2018年10月26日(金)

入荷待ち情報

2018年9月19日現状の入荷待ち情報をお知らせします。

店舗に確認へ出向いたところ、本日、申込を行っても入荷まで2週間ほどかかることを告げられました。

【豆情報】

iPhone Xsの発売に伴い、iPhone Xを購入する人が急増しておりiPhone Xは品薄状態で手に入らない可能性があるようです。(店舗店員さんからの情報による)iPhone Xがほしいと思っている方は早めに決断したほうが良いかもしれませんね。

新型iPhoneモデル(2018)の比較表

新型iPhone 3種類の価格や、カメラ、認証、耐水なの機能を比較しました。

  iPhone Xs
5.8インチ
iPhone Xs Max
6.5インチ
iPhone XR
6.1インチ
  iphoneXs iphoneXsMax iphoneXR
カラー ・ゴールド
・シルバー
・スペース・グレー
・ゴールド
・シルバー
・スペース・グレー
・白
・黒
・黄
・ネイビーブルー
・オレンジ
・赤
価格(一括時)/税別
64GB:11万2800円
256GB:12万9800円
512GB:15万2800円
64GB:12万4800円
256GB:14万1800円
512GB:16万4800円
 64GB:8万4800円
256GB:9万 800円
512GB:10万1800円
カメラ
(広角&望遠)
12MP デュアル
カメラ(広角&望遠)
7MP
TrueDepthカメラ
 12MP デュアル
カメラ(広角&望遠)
7MP TrueDepthカメラ
 12MP 
カメラ
7MP TrueDepthカメラ
認証 faceID faceID faceID
チップ チップ
次世代のNeural Engineを搭載したA12 Bionicチップ
チップ
次世代のNeural Engineを搭載したA12 Bionicチップ
チップ
次世代のNeural Engineを搭載したA12 Bionicチップ
耐水機能 耐水機能
水深2メートルで最大30分間の耐水性能
耐水機能
水深2メートルで最大30分間の耐水性能
耐水機能
水深1メートルで最大30分間の耐水性能
1、ワイヤレス充電
2、高速充電内容
1、ワイヤレス充電
(Qi充電器対応/別売)
2、30分で最大50%充電
1、ワイヤレス充電
(Qi充電器対応/別売)
2、30分で最大50%充電
 1、ワイヤレス充電
(Qi充電器対応/別売)
2、30分で最大50%充電
オーディオ再生 よりワイドに広がるステレオ再生 よりワイドに広がるステレオ再生 よりワイドに広がるステレオ再生
電源とバッテリー iPhone Xより最大30分長いバッテリー駆動時間

リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵

iPhone Xより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間

リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵

iPhone 8 Plusより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間

リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵

連続通話時間
(ワイヤレス)
最大20時間 最大25時間 最大25時間
インターネット利用 最大12時間 最大13時間 最大15時間
ビデオ再生
オーディオ再生
最大14時間
最大60時間
最大15時間
最大65時間
最大16時間
最大65時間
SIMカード デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)

既存のmicro-SIMカードには対応

デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)

既存のmicro-SIMカードには対応

デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)

既存のmicro-SIMカードには対応

付属ヘッドフォン 付属ヘッドフォン
EarPods with Lightning Connector
付属ヘッドフォン
EarPods with Lightning Connector
付属ヘッドフォン
EarPods with Lightning Connector
  iPhone Xs
5.8インチ
iPhone Xs Max
6.5インチ
iPhone XR
6.1インチ

進化1:画面サイズとディスプレイ

新型モデルでは、新たに6.5インチが登場!

これは iPhone史上 最も大きいディスプレーで、「iPhone Xs Mas」は、縦15.8センチ、横7.7センチのビッグスクリーンになっています。

iPhone X
5.8インチ
iPhone Xs
5.8インチ
iPhone Xs Max
6.5インチ
iPhone XR
6.1インチ

さらに ディスプレイは、最も正確な色を映し出すといわれるOLED(有機EL)ディスプレイ(iPhone XS)を仕様。

*日本ではOLEDを有機ELと呼ばれることが多い

進化2:データ容量が増加

新型iPhoneのデータ容量は従来の倍になりました。

つまり 写真だと20万枚以上を保存できます。

これまでのiPhoneのデータ容量は最大で256GBだったのが、一気に2倍の512GBに増えました。

進化3:ステレオサウンド

動画の音声をステレオ収録できる。

Dolby Visionに対応したiPhone XSでiTunes、Netflix、Amazonプライム・ビデオのHDR10対応作品を観れば、映画館のような臨場感あふれる音声を楽しめます。

進化4:複数で同時プレイできるゲーム機能

新型iphoneでは、アクションゲームをみんなで同時に楽しめます。

進化5:充電がよりスピーディーに!

ワイヤレス充電。これは、iPhone8以降の機種にも搭載されています。

今回進化した点は、iPhone Xよりも一段と速く充電できるようになったこと。

充電時間が短い分、急ぎの時のストレスは少なくなりますよね。

進化6:顔認証システム(Face ID)がよりスピーディに より簡単に!

iPhone X(アイフォンテン)から搭載された顔認証システム(Face ID/自分の顔がパスワードになる機能)。

iPhone Xs、Xs Maxは、Appleの最も高度な技術*1を活用し、これまでのスマートフォンに搭載されたものの中で最も安全な顔認証を実現。

しかも、iPhoneのロック解除、アプリケーションへのログイン、支払いの方法が、さらに速く、さらに簡単に使えるようになりました。

*1:TrueDepthカメラシステム、Secure Enclave、Neural Engineといった技術

Face IDは適応認識の能力があり、先進的な機械学習によって、あなたの外見の変化を認識します。帽子をかぶっても、メガネをかけても問題なし。様々なタイプのサングラスをかけたままでも使えます。

進化7:耐水機能のレベルがアップ

iPhone Xは、水深1メートルで最大30分間の耐水性能でしたが、iPhone Xs、Xs Maxは、水深2メートルで最大30分間の耐水性能に!

これは、大人の男性が手を上に伸ばしたくらいの深さ(個人差ありですが)まで忍耐強くなったようです。