国内で拡大を続けている”新型コロナウイルス”。

現在、厚生労働省が定めだ条件の対象でない限り検査ができない状況に。

では不安になった場合、私たちはどうすればよいのでしょう。

今回は、猛威をふるっている”新型コロナウイルス”の相談目安をはじめ、相談窓口、検査機関、受診方法を紹介していきます。

エルピダ スカリー

”新型コロナウイルス”の相談目安とは!

厚生労働省が新たに発表(2020年2月17日)した新たな相談目安は以下の通りです。

◦風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方
(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)

◦強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

このような症状がある方は、「帰国者・接触者相談センター」に相談しましょう。

なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続くときは、帰国者・接触者相談センターに相談してください。

◦高齢者
◦糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)の基礎疾患がある方
◦透析を受けている方
◦免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
◦妊婦の方

※お子様をお持ちの方について。
厚労省では、小児について現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウ イルス感染症については、目安どおりの対応をお願いしています。

【参照元:厚生労働省

一方で、相談・受診の前に心がけなければいけないのはつぎのとおりです。

◦発熱などの風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える

◦発熱などの風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況を踏まえ、厚労省では「インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等に相談ください。」と呼びかけています。

【まとめ】

厚労省は小児について、現時点において重症化しやすいとの報告がないのを理由に一般成人と同じ扱いに。高齢者と同じく免疫力の弱い小児を早期対応者にあげていないとは…、なんだか甘い判断のように思え腑に落ちない親御さんも多いのではないでしょうか。

ただ、厚労省はお願いという形を呼びかけているので気になる親御さんは早めにかかりつけ医等を含め柔軟に対応してみてください。

”新型コロナウイルス”相談窓口

各都道府県では”新型コロナウイルス”の相談窓口(電話でのコールセンター)が開設されています。

新型コロナウイルス感染症が疑われる方は、各都道府県が設置している「帰国者・接触者相談センター」へ相談してください。

また、厚生労働省でも相談窓口が設置されています。

もし体調の異変などがある場合は、相談窓口へ電話をかけ指示を仰ぎましょう。

各都道府県が設置している電話相談窓口

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な電話相談を行いたい方は、各都道府県が設置している電話相談窓口へ。

※相談条件や相談時間は各都道府県によって異なります。

新型コロナウイルスに関するお知らせも掲載されているので、気になる方は覗いてみてください。

北海道
青森県  岩手県  宮城県  秋田県  山形県  福島県
茨城県  栃木県  群馬県  埼玉県  千葉県  東京都  神奈川県
新潟県  富山県  石川県  福井県  山梨県  長野県
岐阜県  静岡県  愛知県  三重県
滋賀県  京都府  大阪府  兵庫県  奈良県  和歌山県
鳥取県  島根県  岡山県  広島県  山口県
徳島県  香川県  愛媛県  高知県
福岡県  佐賀県  長崎県  熊本県  大分県
宮崎県  鹿児島県  沖縄県

新型コロナウイルス 厚生労働省相談窓口

電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間 午前9時〜午後9時(土日・祝日も実施)

※聴覚に障害のある方をはじめ、電話での相談が難しい方に向けて、FAX(03-3595-2756)でも受付が開始されています。

検査機関と受診方法

現在、患者を診療体制などの整った医療機関に確実につなぐために、指定病院の医師の判断によって検査が可能になっており、帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診するかたちとなっています。

新型コロナウイルス感染症に感染が疑われる場合に、どこの医療機関を受診すべきかがわからないという不安にかられたらまずは各都道府県が設置している電話相談窓口へ電話をして指示を仰ぎましょう。

相談後、医療機関にかかるとき

○ 帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診し複数の医療機関を受診することは控える。

○ 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット (咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、 口や鼻をおさえる)を徹底する。

【参照元:厚生労働省

まとめ

感染経路がわからない”新型コロナウイルス”の脅威!

いつどんなタイミングで濃厚接触者と出くわすのか全く検討がつかないだけに時差出勤やテレワークを促す企業が相次いでいます。

見えない敵に対しての備えとして手洗いやうがい、マスクの着用などで自身で感染症予防につとめるとともに、十分な睡眠や栄養バランスのとれた食事など体調管理にも気を配ってみてください。