妊婦さんはもちろん、妊活中の女性たちが知りたいことの1つでもある“栄養”。

かつては妊婦さんの『栄養の摂り過ぎ』が問題になっていた時代もありましたが、最近では『栄養を摂れていない妊婦さん』が増えているようです。

そう指摘するのは、たくさんのお産に携わりながら、地域、国、医療の枠をこえ、さまざまな取り組みを展開している行動派産科医である竹内正人先生。

竹内先生によると、栄養がきちんと摂れていないと、赤ちゃんの健やかな成長へのリスクがあるだけでなく、妊娠や出産後の発育にも影響する恐れがあるのだとか。

そうは言っても、必要以上に体重を増やすのもよくないというし…。

では、どんな栄養を摂ったらよいのでしょうか?

今回の気になるは、フルーツがもつパワーにスポットを当て、手軽においしく食べられる「キウイフルーツ」が妊活&妊娠中にうれしい栄養をもたらす話をお届けしていきます。




妊活中&妊娠中に摂るべき栄養素とは

妊活・妊娠中の栄養について、健やかなマタニティライフには「たんぱく質」をはじめ、「ビタミン」「ミネラル」「葉酸」「食物繊維」などをバランスよく摂ることが大切であると、産科医で医学博士でもある竹内正人先生は語っています。

では、それぞれがもつ栄養素の性質を紹介します。

食物繊維

妊娠中は黄体ホルモンが腸の働きを抑制しているため便秘になりがちです。お腹の調子を整えるためにも食物繊維を積極的に摂りましょう。

野菜の摂取量が低い現代人は食物繊維が不足しがちで平均14.5g(2016年「国民健康・栄養調査」による)しかとれていません。1日成人男性20g、成人女性18gが食物繊維の摂取目標です。

キウイフルーツと食物繊維

ゼスプリ・グリーンキウイなら、可食部100g当たり3gもの食物繊維をとることができ、これは他の果物に比べてもトップクラスの含有量です。

キウイフルーツは食物繊維を豊富に含んだ、いわば“腸内フローラのごちそう”というわけです。

ビタミンC

妊娠中や出産後は赤ちゃんに栄養を取られるため、肌が荒れがち。美肌のビタミンは積極的に摂るようにしましょう。ビタミンCは免疫力を高めので風邪予防にもなります。

また、ビタミンCは、コラーゲンの生成を助けたり、メラニン色素の過剰生成を抑えたり、体をサビつかせる酸化物質が悪さをするのを防いだり、免疫機能を維持したり、疲労の軽減にも役立つなど、体のあちこちで活躍してくれます。

ただ、体の中に貯めておけず、加熱すると壊れてしまうという特徴があるため、毎日、新鮮な果物や野菜からとる必要があります。

キウイフルーツとビタミンC

ゼスプリ・サンゴールドキウイ1個なら、なんとレモン8個分以上のビタミンCがギュッと詰まっており、1日の推奨摂取量の100%ものビタミンCがとれます。

カリウム

妊娠後期に悩まされがちな「むくみ」ですが、カリウムは余分なナトリウム(塩分)を排出する働きがあるため、「むくみ」の解消に有効です。

ビタミンE

妊婦さんの中には冷えに悩まされる人も。ビタミンEには、血行を改善する働きがあります。

葉酸

妊活&妊娠中に積極的に摂りいれたい「葉酸」は、神経管の形成やDNA合成、先天性疾患のリスク低減など、胎児の発育には欠かせない栄養素。また、「葉酸」の摂取によって流産率や死産率が低下するという報告もあります。

ビタミンB6

糖質や脂質、たんぱく質からエネルギーを作るのに欠かせないのが「ビタミンB6」です。

ビタミンB6

糖質や脂質、たんぱく質からエネルギーを作るのに欠かせないのが「ビタミンB6」です。

【参考元:Zespri

<竹内正人先生の華麗なる経歴>

竹内正人(たけうちまさと)

産科医・医学博士である竹内先生は、1987年日本医科大学医学部卒業。同大学院卒業、米国ロマリンダ大学留学。
・日本産婦人科学会専門医
・元葛飾赤十字産院産科部長
・JICA (国際協力機構)母子保健専門家。

学生時代より世界諸国を放浪。“Accept&Start”をテーマに、学生時代より世界諸国を放浪。“Accept&Start”をテーマに、より優しい「生まれる」「生きる」をつなごうと、今も世界を旅しながら、地域、国、医療の枠をこえ、さまざまな取り組みを展開している行動派産科医で、妊娠・出産・育児ママに応援メッセージを毎日届ける無料メルマガ《そのママ》を続けおり、著書・監修も多数手掛けています。

🔗無料メルマガ《そのママ
🔗産科医 竹内正人先生の《ウェブサイト
🔗竹内正人先生の著書・監修書《Amazon楽天市場Yahoo!


Amazonで販売中のキウイフルーツ
楽天市場で販売中のキウイフルーツ
Yahoo!で販売中のキウイフルーツ

摂りすぎに注意したい栄養素とは

妊活中&妊娠中に摂るべき栄養素はわかったけれど、その逆も知っておきたいですよね。

竹内正人先生によると、妊活・妊娠中において、摂りすぎに注意したいのが「脂質」「糖質」「塩分」。女性がつい過剰摂取しやすいのが糖質ですが、妊娠中はインスリンというホルモンの働きが抑制されているため、糖を摂りすぎてしまうと血糖値が下がりにくい状態になり、多くの糖が赤ちゃん(胎児)に行ってしまいます。赤ちゃん自身が成長ホルモンでもあるインスリンを分泌することでどんどんと大きくなる可能性が高くなり、逆に生まれた後の赤ちゃんは低血糖になりやすく、脳細胞(神経細胞)への影響なども心配されるそうです。

【参考元:Zespri

葉酸だけじゃない!キウイは栄養の王様

小さな果実に栄養がぎっしり詰まった「キウイフルーツ」には、妊活・妊娠中の栄養補給にピッタリ!

なぜ、「キウイフルーツ」なのか。

それは、妊活・妊娠中に摂りたい栄養である「食物繊維」「ビタミンC」「葉酸」「カリウム」「ビタミンE」「ビタミンB6」が詰まっているから。

なかでも、妊娠中はもちろん、妊活中にも意識してほしい栄養素が「葉酸」です。

厚生労働省 「日本人の食事摂取基準」によると、18歳以上の女性において、葉酸の推定平均必要量は1日200μgですが、妊娠中は400μg、授乳中は280μgの摂取が必要とされています。

「葉酸は、脳神経などの神経系や脊髄の形成に必要な栄養素です。こうした組織は妊娠7週には形成されるので、妊娠がわかってから摂り始めても間に合わない場合があります。ですから妊活中の女性、または妊娠の可能性のある女性は、妊娠前から毎日400μgを摂取することをお勧めします。また、葉酸には遺伝子の働きを調整する役割もあります。妊娠中期以降は胎児の細胞の増殖が盛んになるため、妊娠中を通して葉酸は積極的に摂るとよいですね」(竹内先生)

「キウイフルーツは、血糖値が上がりにくい低GIの食品なのもいいですね。妊娠中は果物をとると血糖値が上がってしまうというイメージがありますが、キウイフルーツは血糖値が上がりにくく、1個あたり50~60kcal程度と低カロリー。また、キウイフルーツの成分には、妊娠中に必要な栄養素がギュッと詰まっています。生まれてくる子どものことを考えたら、妊活中はもちろん、妊娠前からキウイフルーツを摂って栄養のことを考えるきっかけにして欲しいですね。こういう意識が出てくると、妊娠・妊活中の行動、運動、生活習慣が変わるきっかけになります」(竹内先生)

【引用元:Zespri

葉酸を含む食品の一つが、キウイフルーツで、ゼスプリ調べによると、ゼスプリ・グリーンキウイ1個(可食部100g)には葉酸が38μg、ゼスプリ・サンゴールドキウイには31μg含まれているようです。

緑黄色野菜や海藻などにも含まれている葉酸ですが、水溶性ビタミンのため調理によって失われがちですが、キウイフルーツなら調理をせずに生で食べられるので、葉酸の補給にぴったりというわけです。

また、キウイフルーツには便秘の解消に有効な食物繊維や、むくみや高血圧の予防に役立つカリウム、抗酸化力の高いビタミンC、血行を促す働きのあるビタミンEなど、さまざまな栄養がギュッと凝縮されているところも魅力といえます。

【参考元:Zespri

キウイの栄養素充足率はトップクラス

「栄養素充足率」という言葉を聞いた事ありますか。

栄養素充足率スコアとは、果物の重量100g(可食部)に含まれる17種類の栄養素の「日本人の食事摂取基準 2015年度版」における1日当たりの摂取基準(30~49歳女性での推奨量、目標量、目安量)に対する割合を算出し、その平均値をとったものです。

17種類の栄養素とは

・たんぱく質
・食物繊維
・カルシウム
・鉄
・マグネシウム
・カリウム
・亜鉛
・ビタミンC
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ナイアシン
・パントテン酸
・ビタミンB6
・葉酸
・ビタミンB12
・ビタミンA
・ビタミンE

ゼスプリインターナショナルの調べによれば、ビタミンCや食物繊維、たんぱく質、鉄など、17種類の栄養素がどれくらい含まれるかを比較した「栄養素充足率スコア」において、キウイフルーツは果物の中でもトップクラス

身近な果物の栄養素充足率スコア

栄養素充足率スコア【出典:ゼスプリインターナショナル】

まさに、キウイフルーツは日々の食事の栄養バランスを補うのにぴったりの果物というわけです。

グリーンキウイとゴールドキウイの栄養価対決

キウイ 栄養成分表

ゼスプリ キウイ 栄養成分表

ゼスプリ キウイ 栄養成分表

【出典:ゼスプリ、ゼスプリインターナショナル】

※栄養成分は、ゼスプリキウイフルーツによるものです。

さまざまなキウイ商品

キウイフルーツがカラダに良いことはわかったけれど毎日生のキウイフルーツばかりだと飽きるかも?という方もいるのではないでしょうか。

そんなときは、異なる食感や味のキウイフルーツを試してみるのもひとつ。

たとえば、ドライフルーツのキウイフルーツなら場所を選ばず外出先などでも食すことができます。

そこで、さまざまなキウイフルーツ食品を探ってみました。

国産 半生ドライフルーツ

フルーツソース キウイ

コンフィチュール
キウイフルーツジャム

デルモンテ キウイ

カゴメ
グリーンスムージーMix

Pure Kiwi Natural
ニュージーランド産
ゴールドキウィジュース
フルーツソース キウイ

キウイジュレ

冷凍 キウイ カット
ゴールドキウイフルーツ

🔵Yahoo!で販売中のキウイ商品
🔵Amazonで販売中のキウイ商品
🔵楽天市場で販売中のキウイ商品