「ディズニーで年越しをしたい、それもディズニーホテルで過ごしながら」と思っている方必見!

2018-2019・年越しバケーションパッケージを体験してわかった”メリットとデメリット”、そして、入手方法や内容をディズニー好き視点でお届けします。

通常のバケーションパッケージを購入する際の参考にもなるので、ぜひ覗いていってください。

 

目次

ディズニーカウントダウンとは

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで毎年行われる年越しイベント「ニューイヤーズ・イヴ」は、大晦日ならではの終夜営業が行われ、カウントダウンの声を響かせながら午前0時には壮大な花火が打ち上がります。

ディズニーカウントダウン&年越し

【ミニ情報】

2018-2019のカウントダウンはディズニーリゾート35周年ということで、ランド側は特別なものになるのではと期待を膨らませ、開始前にキャストさんへ聞いてみたところ「特にそのような情報は入っていません」との返事が。

キャストさんの返事通り、2018-2019のカウントダウンも昨年とあまり変わりありませんでした(個人感想)。

とはいえ、やっぱりディズニーカウントダウンは最高です。

ニューイヤーズ・イヴの営業時間

ディズニーの年越しチケット「ニューイヤーズ・イヴ」パスポートで来園できる時間帯は、12月31日午後8時〜翌1月1日午後10時までの26時間です。 

ディズニーニューイヤーズ・イヴ出典元:公式サイト

しかし、これはあくまで目安と捉えてください。

なぜなら、状況に応じて入園時間が早まるため。

2018-2019の年越しでは、場内の準備が整ったので、予定より1時間早めて午後7時に来園を開始しますとのアナウンスが流れ、その言葉通り早めの来園となりました。

年越し専用バケーションパッケージの入手方法

ディズニーカウントダウン&年越し

年越し専用のバケーションパッケージを入手する方法は2つあります。

ひとつは、ディズニーのファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」での先行販売で入手する方法で、もうひとつは一般販売で入手する方法です。

どちらの販売も先着順になっており、さまざまなタイプのプランが用意されています。

先行販売の時期

「ファンダフル・ディズニー」メンバー専用枠での販売となる年越しバケーションパッケージは、一般販売の1週間ほど前に開始されます。

2018-2019の年越しバケーションパッケージでは、2018年8月29日(水)11:00〜9月4日(火)23:59までが販売期間となりました。

一般販売の時期

2018-2019の年越しバケーションパッケージは、2018年9月5日(水)AM11時発売開始でした。

*一般販売では、ひとりでも多くのゲストに予約してもらうため一人(1ユーザー)につき3部屋までという制限が設けられました。

*先行販売も一般販売も年度によって日程が異なるので、8月に入ったらすぐに情報収集をすることをおすすめします。 

年越し専用バケーションパッケージの倍率は?

年越し専用のバケーションパッケージを入手できれば、確実にディズニーでのカウントダウン&年越しを体験できるだけに、その競争率が気になりますよね。

しかし、ディズニーの公式サイトを含め、メディアなどでも倍率に関しては公表しておらず正確な競争率はわかりません。

ただ言えることは、倍率はプランによって差が出るということが、実際に先行販売と一般販売の両方を試みて実感しました。

ちなみに、ミッキー&ミニーが正月衣装で登場し記念撮影してくれるプランは、やっとアクセスできた1時間後には完売していました。

アクセスが集中していてなかなか繋がらない状況は常につきまとうため、エリッソの場合、発売当日の開始時刻から3時間後にやっと入手できたのは、アトラクションをめいっぱい楽しむタイプのプランでした。

実際、どのプランでも構わないと思うなら年越しバケーションパッケージは発売日当日であれば比較的簡単に入手できるでしょう。

年越しバケーションパッケージのデメリット

1、料金がどんどん上乗せされ高額になる場合も!

バケーションパッケージは最低価格だけみると「これくらいで済むのか」と思ってしまいます。

しかし、選ぶホテルや食事内容によっては最低価格の倍ほどになったり、最高価格寄りの料金になったりと、実際にプランを組み立ててみなければ最終料金は見えてきません。

特に、ディズニーホテルの中でも、ミラコスタやランドホテルは料金も高め。

バケーションパッケージの料金を想定するときは、最低金額でなく中間金額〜最高金額を目安にしておいたほうが無難だと思います。

エリッソが購入した「アトラクションをめいっぱい楽しむ3DAYS」プランの金額設定は88,100〜246,900円でしたが、プランを組み終えると161,300円(宿泊はランドホテル)になってしまいました。

もちろん、旅費は別です。

2、購入には運と忍耐が必要?!

カウントダウン&年越しのバケーションパッケージは、先行販売一般販売の2種類があります。

プラン内容はさまざまなタイプがあり、どちらの販売でも同じ内容のプランが表示されます。

年越しバケーションパッケージは、先行販売も一般販売もアクセスが一気に集中するため購入するプランや再アクセスとなればかなりの時間を要することになります。

そして、人気プランともなると1時間後にアクセスできた時にはすでに完売されてたので、運は否めません。

まさに忍耐と運次第の年越しバケパと言えそうです。(個人感想)

3、パークチケットがダサい!

バケーションパッケージのパークチケットはとにかくシンプルで、デザイン性に乏しい。

*バケーションパッケージ・パークチケット画像はこちら。

キャラクターが載ったパークチケットを楽しみにしていたり、記念に残している人にとっては、何とかならないの?と思ってしまうかもしれませんね。

エリッソは、まさにその1人です。

そこで、ホテル側に「キャラクターなどのパスポートに交換してもらうことは可能ですか?」と直接聞いてみました。

返答は、不可能とのこと。

リゾートラインのチケット同様、バケーションパッケージでも、魅力的なデザインのパークチケットにしてほしいものです。

4、12月31日からのバケーションパッケージは要注意!

12月31日から年越しのバケーションパッケージを購入する方は入園時間に要注意

パークチケットの入園日のところには、12月31日両パーク利用可能との文字が書かれていますが、チケット下部のところをよ〜く見てみると、小さな文字で、12月31日は20:00からの入園と書かれています。

もし、12月31日朝からパークを楽しみたい場合は、別途1dayチケットの購入が必要になるので注意してくださいね。

購入時の詳細やチケット下部に書かれた内容は見落とすことのないよう気をつけましょう。

*「ニューイヤーズ・イヴ」チケットは20:00からの入園になっているので、旅行会社のツアーの場合も要チェックです。

5、ファストパス・プランは、チケットが残る可能性も!

今回エリッソが購入した年越しバケーションパッケージは、2泊3日のファストパスがたくさんと食事(選択)が付いたプラン。

じつは、ファストパスを使い切れずに残してしまいました⬇️(2名分)。

バケーションパッケージファストパス

ファストパスを使えきれなかった理由は、ディズニーランドとディズニーシーで開催される年越しイベントやお正月ならではのグリーティングや水上ショーなどのイベントを少しでも良い場所で観賞するため、場所待ちの時間が長時間に及んだのと、遠方組であるがゆえに最終日早めにパークを後にしなければならなかったからです。

ショーなどのイベントをメイン目的としている方は、ファストパス多めプランのバケーションパッケージを選ぶ際は、綿密な計画を持って挑むことをおすすめします。

6、ディズニーホテル入館時にルームキーのチェックが入る!

12月31日と翌1月1日は、ディズニーランドホテルへの入館が宿泊者のみに規制されます。

2018-2019の年越しでは、12月31日午後5時〜午後8時、1月1日午前0時〜午前6時の時間帯が規制の対象でした。

規制時間帯は、ホテルへ入館するたびに宿泊者である証としてルームキーの提示が求められます。もちろんその都度、提示が必要。

1月1日午前0時〜午前6時は、ホテルの出入りも増えるためルームキーチェック待ちが幾分起こることもあります。

スムーズにディズニーホテルに入館するには、前もってルームキーをすぐに出せるようにしておくと良いですよ。

 

年越しバケーションパッケージのメリット

1、年越しのパーク情報が事前にわかる

ディズニーランド、ディズニーシーの現地に置かれているパーク情報誌「Today」が、年越しバケーションパッケージでは事前に届きます。

2018-2019年バージョンの「Today」はこちら

2、ニューイヤーズ・イヴ限定オリジナルグッズがもらえる

2018-2019の年越しバケーションパッケージは、ハッピーニューイヤーに35周年ロゴが入った特別バージョンともいえる3点セットでした。

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

トートバッグサイズ:タテ31cm×ヨコ30cm×奥行15.5cm

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

ブランケットサイズ:タテ70cm×ヨコ100cm

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

レジャーシートサイズ:タテ60cm×ヨコ90cm

3、ディズニーホテルで年越し振る舞いを受けられる

日本酒とコーンチャウダーが振る舞われます。

ディズニーランド年越し振る舞いドリンクコーンチャウダーがとても美味しかったです。

ディズニーランド年越し振る舞いドリンク無料で配られますが、宿泊者チェックはありませんでした。

年越しバケーションパッケージの発送時期

2018-2019年の年越しバケーションパッケージですが、関西方面の方へは2018年12月22日頃に到着。

その他の地域の方も同じくらいの日付前後に到着していると思われます。

バケーションパッケージの中身公開

2018年12月22日にディズニー年越しのバケーションパッケージが到着。

ディズニーオリジナルのしっかりとした封筒で届きました⬇️。

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

可愛いクリアケースが同封されていました⬇️。

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

ガイドブック

ディズニー年越しを楽しむための情報と案内が載っています。

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

 

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

 

ガイドブックには、Myガイドとして使えるよう目印用のシール⬇️がいっぱい♪

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

Today

エンターテイメントスケジュールやグッズ&メニュー、リゾートインフォメーションの情報が載っている「Today」を一足お先に見ることができます。

1枚の「Today」にランドとシーの両方の情報が記載されています。

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

表面にはランド情報⬇️。

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

裏面にはシーの情報⬇️。

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

 

ディズニーリゾートライン チケット

35周年+ニューイヤーオリジナルのデザイン。ステキですよね♪

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

フォトキーカード

キャラクターや記念イベントなどディズニーパークオリジナルの写真を残すのにフォトキーカードは必須アイテム!

フォトキーカードは一般タイプのものと同じです。

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

【まめ知識】
フォトキーカードは、バケーションパッケージでは事前に入手できますが、通常はパーク来園時の専用撮影時に必要な方に配布されます。

パッケージキット

各種券は、切取線がついているので簡単に切り離すことができます。(下記写真は2名分です。)

★パークチケット
★ファストパス
(ファストパスを含んだバケーションパッケージのため)
★ニューイヤーズ・イヴ限定オリジナルグッズ引換券
★フリードリンク券
★チケットホルダー引換券
★オリジナルポップコーンバケット引換券
★ホテル、パークレストラン利用券
(レストラン利用を含んだバケーションパッケージのため)

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

ニューイヤーズイブバケーションパッケージ

プレチェックインをした際に、さらにファストパスチケット(トイストーリーマニア以外で利用可能)を一人一枚追加で頂きました。

【ミニ知識】

・バケーションパッケージオリジナルのポップコーンバケットは、人数分ではなく、一部屋に付き1個です。

・用紙にいくつもデザインされているミッキーの顔は全て、乱用防止のためにフォログラムが施されています。

 

バケーションパッケージの特典これイイよね♪

フリードリンク券

バケーションパッケージの醍醐味ともいえるフリードリンク券。

エリッソのおすすめ冬ドリンクは、”ホットココア”。

普段甘いドリンクを飲まないエリッソですが、寒さ厳しいディズニーパークで、甘くて懐かしいココアドリンクに思わずハマってしまいました。

チケットホルダー

バケーションパッケージ専用のチケットホルダーは、ミッキーの手をあしらったバック型に。35のロゴは35周年の時期だけのオリジナルです。

外側のクリアホルダーのゆるみは普通。奥まできっちり収めておけばパークチケットが抜ける確率は低めだと思います。

ファスナーが付いたポケット内は、カード類も小銭もたっぷり入るサイズになっています。

 

バケーションパッケージグッズ

 

バケーションパッケージグッズ

 

レストラン予約が同時に出来る

ディズニーパーク内のレストラン予約は、ディズニーホテル宿泊有無に関わらず1カ月前から。

ところが、バケーションパッケージだと、購入時にパーク内のレストランも同時に抑えることができるので、再度レストラン予約に労力を注ぐなんて必要がありません。

人気のレストランを早い段階で好きな時間に予約する事も可能ですよ。

【こぼれ話】

今回、ディズニーランド内のレストラン「イーストサイド・カフェ」を含めたバケーションパッケージを利用したのですが、スペシャルコースとパスタセットメニューのどちらかの選択制でした。

イーストサイドカフェ全ての料理が決まっているスペシャルコースは、ドリンクだけが好みのものをチョイスできます。

ディズニーランドイーストサイドカフェパスタセットは、前菜・パスタ・デザートを好みの中から各1品づつ選択+ワンドリンクが付いています。

今回のスペシャルメニューは、春限定の料理になっており、パスタセットより600円も高いにも関わらず、追加料金は一切必要ありませんでした。

そんなわけでエリッソは、限定メニューをチョイス。

料理画像はこちら⬇️。

イーストサイドカフェスペシャルコース前菜:生ハムのサラダ。
ベリー系のソースが生ハムに奥行きを与えてくれ美味しく頂けました。コロッとしたモッツァレラチーズや食花が見た目にも鮮やかで前菜から食欲UPする一品です。

イーストサイドカフェスペシャルコースメイン:スパゲッティーニ・ペスカトーレ。
トマトソース+魚介のパスタは、しっかりした味付けになっています。

イーストサイドカフェスペシャルコースデザート:フロマージュブランムースとストロベリーセミフレット。
右側のベリーソースの袋を綿菓子に回しかけてデザートが完成。楽しい演出を自身で体験できる、とっても素敵なデザートでした。サクサクのクランチも付いていて、いくつもの味を堪能できる美味しいデザートでした。

スペシャルメニューには、以上の3品にドリンクと小さめのパンが付いています。ノーマルのパンなので、メインパスタのソースと絡めて食べるのがおすすめです。

オリジナルポップコーンバケット

ミッキーのキーホルダーが付いたバケーションパッケージオリジナルのバケットには、好みのポップコーンを入れてもらえます。

引き換え場所のポップコーンが好みでない場合は、ポップコーンの引き換えチケットをもらい、好きなポップコーン売り場で使うことができますよ。

バケーションパッケージ

年越しチケットを手間なく入手する方法

年越しのバケーションパッケージを購入するには多くの時間を要することも覚悟しておかなければなりません。

もっと簡単に済ます方法はないのだろうか?

そう思った方は、旅行会社が主催している年越しディズニープランを利用するとよいでしょう。

おすすめは、ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーJALの年越しプラン。JALパックだと「ニューイヤーズ・イヴ・パスポート付き!」で確実に年越しチケットを手にすることができるだけでなく、ディズニーホテル宿泊プランもあるなどJALだからこその魅力がたっぷりです。

また、スポンサーであるJALは、年間を通して特別プランもあるなどオリジナルコースも用意されているので興味のある方はJAL公式ページを覗いてみてください。