2019年12月1日より道路交通法の改定によって”ながら運転”の取締りが強化され厳罰化へ。場合によっては、一発免停や刑事罰の対象になることもあります。

また、普通車の場合、反則金違反点数がこれまでの3倍に!

法の改正で押えておくべき最も重要なポイントは、画面を注視しないこと。

今回の気になるは、”ながら運転”の知っておきたいポイントと、運転中のスマホ・カーナビの判断しにくい行為をシーンごとに、わかりやすい解説付きで紹介していきます。



”ながら運転”は2つのポイントを押えよ!

自動車の運転中にやってはいけない行為のひとつは、通話や検索のためにスマホなどを保持すること。

警察庁のガイドラインでは、2秒以上見る行為を危険と判断しています。

ただし、停車中は除くと条文に記されているのでOK!

しかし、赤信号中にスマホやカーナビを注視していると、青になってもすぐ手が離せるかというとなかなか難しいもの。車が動き出してそのまま持っているというケースもあると思います。そうなるとアウト(❌)になってしまうので赤信号中の操作も考えものです。

もうひとつは、”ながら運転”が事故等の危険に結びついた場合です。

”ながら運転”で事故を起こした場合は、反則金の対象から外され、刑事罰の対象となります。また、免許は一発免停に。

危険運転にもつながる”ながら運転”。自身の身を守るうえでも、これからはながら禁止を心がけましょう。

改正後の反則金と違反点数

道路交通法の改定によって”ながら運転”の反則金違反点数は2019年12月1日より以下の通りになりました。

改正前 改正後
反則金 6000円 1万8000円
*事故を起こした場合は1年以下の懲役または30万円以下の罰金
違反
点数
1点 3点
*事故を起こした場合は「6点 」。一発免停

スマホナビのOKとNG行為

手に持ちながら見る行為は、注視してしまうため ⇨ ❌


ホルダーに固定して使う行為は、チラ見ならOK ⇨ ⭕️

カーナビのOKとNG行為

目的地の入力など複雑な操作は、注視してしまうため ⇨ ❌

音声案内のボリームを上げるのは、チラ見ならOK ⇨ ⭕️


オーディオのCDの入れ替えなどは、注視してしまうため ⇨ ❌

カーナビのオーディオのボリューム操作は、チラ見ならOK ⇨ ⭕️

番外編:通話行為

[画像:Amazon.co.jp

ハンズフリーで通話はOK ⇨ ⭕️
ただし周囲の音が聞こえない機器や音量だと⇨ ❌

[記事 参考元]
◦情報ネットten:http://www.ytv.co.jp/ten
◦羽鳥慎一モーニングショー:http://www.tv-asahi.co.jp/m-show/

最後に

”ながら運転”で事故を起こした場合、一発免停に加え、刑事罰の対象となります。

自動車の”ながら運転”を止めるためには、画面を注視したらダメ!と覚えておきましょう。