ハワイ州では2018年7月3日に海洋資源である「珊瑚」の保護を目的とした『日焼け止め禁止法案』が可決され、 『紫外線吸収剤』を使用した製品に規制が!!

ハワイ州によると日焼け止めを規制する世界初の法律だそうで、2021年1月1日から施行されます。

じつはこの法案、ハワイへ行きたい人だけでなく、そうでない人も知っておくとお肌のためになるんです。

そこで、いずれ日本にも波及しそうな『日焼け止め禁止法』を探ってみました。

もしかすると、日焼け止めを選ぶ際の基準が変わるかも…!?


日焼け止め禁止法案とは

ハワイ州において、2021年1月1日から施行される『日焼け止め禁止法』は世界初となる日焼け止め規制法です。

化学薬品オキシベンゾンとオクチノキサートを含む日焼け止め剤の販売、販売の提供、配布を禁止

この日焼け止め規制法で対象となっているのが化学薬品のオキシベンゾンオクチノキサート。これらは、紫外線をブロックする機能を持ち、市販の日焼け止めに用いられており、海に溶けだすと珊瑚の遺伝子を損傷したり、白化現象を招いたりすると環境保全団体から指摘されていました。

もっとも、禁止の対象となるのは、化学薬品オキシベンゾンとオクチノキサートを含む日焼け止め薬のハワイ域内での販売行為なので、旅行客が持ち込む日焼け止めの利用行為自体を規制するものではありません。

珊瑚礁

ハワイ州としては日焼け止めを禁止するという姿勢を明らかにすることで、観光客を含む多くの人に環境保全への意識を高く持ってもらうことで、ハワイの豊かな海洋資源を守ろうという考えもあるようで、観光客にも使用しないように、その有害性を伝えていくとしています。

【参考元:hawaii.gov

日焼け止めの化学成分が血中に流入?!

日焼け止めが皮下まで浸透するなんて…。

日焼け止め薬

米国医師会雑誌(JAMA)のオープン・アクセス・ジャーナル「JAMAネットワーク・オープン」に最近掲載された研究によると、血液の中から日焼け止めの成分が検出されたことが明かされました。

実験では、販売されている4つ(スプレー2種類、ローション、クリーム)の異なる日焼け止めを体に1日4回4日間塗り、そして、ボランティアから7日間にわたって30の血液サンプルを採取し、血液中の特定の活性成分(アヴォベンゾン、オキシベンゾン、オクトクリレン、エカムシュール)の水準を特定。

その結果は、誰しも困惑するものに。1日に4回日焼け止めを塗っただけで、4つの製品それぞれに含まれる一連の成分が体内に吸収され、血液中に流れ込んでいた。

ただ、この結果だけで日焼け止めの使用を控えるのはまだ早い。

なぜなら、この数字が危険なものかどうかは明確に分かっていない。アヴォベンゾン、オキシベンゾン、オクトクリレン、エカムシュールの安全な血中濃度や、こうした成分が血中に取り込まれることによって生じ得る短期的・長期的な健康への影響を裏付けるだけの十分な研究が進んでいないから。

また、私たちは現代の生活環境でさまざまな化学物質にしばしばさらされ、それらを血液へと吸収しているのが現状だから。

【参考元:JAMAForbes

オキシベンゾンとは

紫外線をブロックする成分には、大きく分けると「紫外線吸収剤」「紫外線反射剤」の2つがあります。

オキシベンゾン」は「紫外線吸収剤」の分類になります。

紫外線吸収剤

「オキシベンゾン」は、日本では厚労省が定めた化粧品に使用可能な32種類の「紫外線吸収剤」のうちの一つ。

オキシベンゾン類は、紫外線吸収剤としてオキシベンゾン-3が使用される他、褪色防止剤としてオキシベンゾン-1,2,6,9などがあります。

「オキシベンゾン」は、ヨーロッパでは環境ホルモン作用が問題視されたことや、経皮吸収性が高く、肌に塗った際に体内に吸収される量が多いことなどから、代替が進んでいる成分でもあります。

国内の日焼け止めやリップなどの製品には配合されているものも多いようです。

「紫外線吸収剤」は、紫外線を吸収して、そのエネルギーを赤外線などに変えて放出する化学物質のことで、ほとんどは石油由来の成分です。吸収できる紫外線の幅広さがウリでもあります。

オクチノキサートとは

オクチノキサート」の化粧品表示名称は「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」です。

日焼け止め

「オクチノキサート」は、「オキシベンゾン」と同じく、ヨーロッパでは環境ホルモンリストに挙げられている成分ですが、日本では日焼け止めをはじめ、高SPFの下地やファンデーション、UVカットリップなど、さまざまな化粧品にも配合されています。

近年、カプセル化することによって、肌への負担を減らした原料も流通していますが、今回のハワイ州の法案では、製造方法や原料にかかわらず一律禁止となります。

アメリカでは3500種類以上の日焼け止め製品に、「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」が使用されていますが、医師の処方箋があり、必要と認められたものは除外されるなど、かなりの製品が販売禁止となるため、すでにメーカーはリニューアルや代替品の製造を予定しているようです。

肌や環境にやさしい日焼け止め剤の選び方

夏だけでなく、いまや一年中手放せなくなったサンスクリーン剤。

肌や環境のことを考えるなら、ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)のものがおすすめです。

日焼け止め剤

【まめ知識】
ハワイでは、ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)の日焼け止めをポンプボトルに入れ、ビーチサイドで宿泊客が無料で使用できるようにしているホテルもあります。

オススメなノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)日焼け止め

【Angel UV Spray】

『紫外線吸収剤』不使用のノンケミカル

エンジェルUVスプレー

エンジェルUVスプレー“は、サラサラなのに潤いある保湿系の新発想のバリアUVスプレーで、紫外線はもちろん、乾燥ホコリ摩擦雑菌など、 あらゆるダメージから守るために作られた バリア機能がついた日焼け止め“ファムズUV エンジェルUVスプレー”です。

赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年代におすすめです。

<特徴>
◾️『紫外線吸収剤』不使用
◾️デリケートなお肌の方や赤ちゃん(3ヶ月から)にも使える
◾️お肌に優しい5つの“Free”
・紫外線吸収剤Free
・合成香料Free
・着色料Free
・パラベンFree
・アルコールFree
◾️スキンケア成分63%と高配合+4つの美容成分入り
<4つの美容成分>
・ユキノシタエキス
・ボタンエキス
・クズ根エキス
・甘草エキス
◾️化粧下地にも最適

<参考価格>
2,800円(税抜)

詳しくは公式サイトへ⇨ エンジェルUVスプレー

ZIGEN

紫外線から男を守る日焼止め!ノンケミカル処方!

男性の肌向けに開発された「ZIGEN」の日焼け止めは、 「紫外線吸収剤不使用」で敏感肌の人にも おすすめな肌に優しい日焼け止めです。

保湿成分の代表であるヒアルロン酸と肌の代謝を促進するスクワランも配合。

<特徴>
◾️お肌に優しい5つの“Free”
・パラベンフリー
・シリコンフリー
・鉱物油フリー
・無香料
・無着色
◾️石鹸でおちる
*クレンジング不要
◾️美容成分のヒアルロン酸、スクワラン配合
◾️さらさらした使用感
◾️テカりを抑える
◾️ベタつかない
◾️白浮きしない

<参考価格>
3,240円(税込)

詳しくは公式サイトへ⇨ ZIGEN UVクリームジェル

まとめ

日焼け対策は、今や赤ちゃんから大人、そして、女性も男性も意識する時代に!

お肌や環境にやさしい日焼け止め剤を選ぶ基準のひとつとして、ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)を選択肢に入れてみてはいかがでしょう。